Tateyama Retreat

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

interior design : Youki Higa
contract : Mito Builders, Diversity and Global Co., Ltd., Ryuichiro Shimoda, Youki Higa
photo : Tae Nakayama 
principal use : retreat
total floor area : 250m2
building site : Tateyama
completion date : 2017
cl : Diversity and Global Co., Ltd.

廃旅館の改修計画。

中途参加した時には、既に廊下の床工事が施主手配により進められていた。安価な長尺といえど平米数がある分、予算の上限が決まっている以上大きな出費であった。ここで自問自答するわけだが、問題なのは、全てを刷新した際に得られるものが『何か』である。ただ表層を貼り替え一見キレイにすることを目標に予算を使い切ってしまうことへの違和感がこの計画のメタファーとなった。ぼろくても磨かれた古民家のように、表層的な仕上げでも補修することで愛でるようなテクスチャーとなりえるのではという試みは、施主のセルフビルドなくしては本末転倒である。手間ひま惜しみなく磨き上げられた客室のディテールは、表替えした畳のむせかえるような匂いと相まって新築のような印象を与える。照明交換の都合で発生するクロスの継ぎ接ぎ痕も不思議と意図されデザインされているように見えるから面白い。これは仏具体音楽の大家 Luc Ferrari の作品『ほとんど何もない』を思わせる。

共有部の大広間には、フローリング材の余りを使って Enzo Mari のセルフビルドファニチャーを大工にこしらえてもらった。合わせて CHINATI でみた Donald Judd の簡素なベンチ、客間のちゃぶ台は前者のオマージュとなる 6A architects のセルフビルドファニチャーを施主と共に製作した。ちゃぶ台に貼ったクロスは他現場で余った William Morris の壁紙である。館内のピクトには普遍的なアイコンを Lawrence Wiener よろしく黒銀2色使いで制作しアクセントとしている。

デザイナー、設計士というより、編集者的立場としてディレクションした結果、意図しないディテールが光る磨き仕上げのリトリートが完成した。

館山リトリート(https://tateyama-retreat.jp/)

 

 

Back

STUDIO PATHOFEU

Interior, Graphic, Web Designs
with Humour

Page Top